この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

26

すみす

実験名「無知」《50万円》
・トラウマ度★★★★☆(もしも現実に発生したら耐えられない)
・難解度  ★☆☆☆☆(恐怖を容易に素早く理解できる)
・現実感  ★☆☆☆☆(現実にはほとんど起こりえない)
「恐怖臨床」はいわゆる治験とはだいぶ違った、一種の人体実験です。
新薬の効果を確かめるための治験とはやることも、求められることも全く違います。
最近、VRが流行ってきていますが、将来的にはこんなことも可能になるかも…?
少し身近に感じながら、自分ならどうするだろうと考えながら読んでもらえると怖くて楽しいと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ