この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

122

はーこ

ご愛読ありがとうございます。
 
九生猫について、ちょっぴり明らかになった回でした。「九生」を「キュウセイ」と読んでいたのですが、正しくは「キュウショウ」とのことです。大丈夫、この小説を書き始める前までには気づけたよ! 事前調査って大事!
 
それはさておき。九生猫を取り巻く事情は、もっともっと複雑なのですが、現時点ではこの程度に。あまり三葉先生を困らせないための、零くんの優しさだと思ってやってください。
 
ダークだけどラブストーリーなので、甘くしてみました! やはり背徳感は拭えませんが……区切りがいいので、本日はここまでの更新です。次回から大きな展開がございます。
 
それではこの辺で。はーこでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ