この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

13

 猫が執拗に話しかけてきたので、「にゃーじゃ分からないよ! お前らが『う、うみゃぁぁ。うみゃぁいぃぃ』ってしゃべれるのは知ってるんだぞ! 猫語じゃ分からん、喋れ!!」と言いました。
 すると猫は馬鹿を見る目で私を一瞥し背を向けて去っていきました……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ