この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

 部屋でゴロゴロとネットサーフィンしているときのことです。
 ぶぅぅぅうん、と虫の羽音がしました。見ると蜂のような物体がこっちにやってきます。
 猫は追いかけ、私は「やらなきゃ、やられる――猫が!!」と箒を片手に追いかけました。
 猫が風穴を開けた障子の隙間から上の方に虫が飛んでいきました。ダイフクが虫を探しています。これは応援が必要だ!! 虫をよく見るとアブでした。スズメバチサイズの。スズメバチみたいな色をした。
「ば、化けアブだ!!!」
 母を呼びに行きました。「化けアブが出た!!」と。
 虫の場所を見失うかと思ったら、タマ、ダイフク、ラインちゃんが一点を見つめています。猫の様子を見てもらっている間に窓を開けたら虫は消えました。
 最近はコミケの後継者としてタマも雀狩りをするようになったようなので、ほっとけば虫は猫の餌になるのかもしれません(泣)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ