この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

 通りがかりのコミケに「コミケ! こっちにきて一緒に○○(某アニメ)見ようぜ!」と言うと、コミケはこちらを一瞥しそのままスタスタとどこかへ行ってしまいました。
 そして数ヶ月後、再びアニメを見ている時にコミケが通りがかりました。
 それはとても面白くかっこ良いアニメで、そのアニメの為に弟が二万くらいのブルーレイレコーダー?っぽい機械を買うくらいのアニメでした。
「コミケ! ○○見ようぜ!!」
 コミケは今度はこちらに振り向きもせずに、どこかに行ってしまいました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ