この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

23

私はじゃがいもをラップに包みレンジで暖めてました。楽なんですよ。
しかし、何か嫌な予感がしました。
チン! となったとき、すでに部屋には煙が充満しはじめてました。
レンジの扉を開けると、煙は一気に広がりました。
そして吸ったらむせる系の煙に直撃しながらもじゃがいもを手にとりました。
嫌な予感は的中しました。
じゃがいもから水分は消えうせ、そしてラップは溶けてレンジの皿にくっついていたのです!
これではスタッフもおいしく召し上がれません。
私の脳裏には、過去の冷凍食品やレンジでチンするタイプの食材が浮かびました。
ーーぺしゃんこになってまるでせんべいのようになったあんまん。
ーー中身が炭化した冷凍からあげ。
ーーそして過去に同じように釘でも打てそうに進化したじゃがいもさつまいも。
 あんまんは食べれたのに……。
 あまりの絶望にしばし、じゃがいもと見つめあっていました……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ