この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

十我

第4話『ken』をお読みいただいてありがとうございます。
(サブタイトル、強引になってしまいました)
木林はかなり前に作ったキャラクターでしたが、今の時代に合うようなストーリーに組み込んでいくのは、難しくも楽しい作業でした。
わかりにくい表現などもあったとは思いますが、最後までお読みくださってありがとうございます。
またの機会がありましたらぜひ、よろしくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ