この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

紫陽花

今回もお読みくださりありがとうございます。
やっと雨宮sideに入りました。
彼はこんな風にずっと珠姫のことばっかり考えていますので、モノローグは珠姫ずくしですが読んでやってください。
今後もこのように交互に話が進んでいきますのでお付き合いをお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ