この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

ラー原麺子

この話を書いている間ずっと胸が苦しかったです。たたこの5話の間にここからここまで話を進めたい!という前提があって、文字数を増やすと読むのが疲れてしまう、だけどユイの葛藤をちゃんと描きたい…など、色々と感情が錯誤してこういった形になりました。私自身書いている本人が言うのも変ですが、もっとうまくユイの気持ちを書けないかなぁ、と、読み直すたびに「コレジャナイ感」を感じています。これから話が進むたびに自分の執筆力も上がってゆく(?)と(自分で)期待していますので、どうかお付き合いください…お読みいただきありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ