この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

神楽

花火大会に行く前に図書館に寄り、自動貸し出し機で本を借りたのですが、肝心の本を貸し出し機に置いたまま出てしまい、図書館員さんから電話があるまで気づかないというボケをやらかしました(笑)
いよいよ次回から季織サイドに戻ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ