この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

kay

読んでくださってありがとうございます。
そういえば、私が5歳の頃、家の階段の上からしたまで転がり落ちて、打撲ですんだ経験があります。
子どもは体が柔らかいから大丈夫だったそうです。
上としたが交互に目の前に現れて、何が起きたかわからず一回の床にべっちゃりふみつけられたかえるのようになってから事態を理解して泣いた記憶があります。
かいだんにはきをつけましょう、私もですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ