この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

454

瀬峰りあ

アホ面…アホ面……
書いているうちにシュワルツが暴走しました、ごめんねディー。。
完全にシュワルツに主導権を握られている可哀想なディーのお話でした。護身用の短剣、何の役にもたっていない。
次回はアルが登場する予定です!ディーに平穏は訪れるのか…?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ