BEST ミスターPの伝記

Ryosuke

♡ 0

第1話から読む

ある日ミスターPが目を覚まして、窓から見えてきた遠くキラキラと地平線を昇り始めた太陽に視線を向かった。そうだ。今日は特別と思って、ミスターPは笑って、ベッドに横になっていたままに拍手した。