この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

野々花

お読みいただきありがとうございます。
ふたりが出会った最初の夜。
ケントの持つ魔法石を狙っていったマリーに対してケントが言った台詞「きみに襲われるのは望むところなんだが、俺にも理想の手順というものがあって。まずは星空をながめながら朝まで語り明かすところからはじめたいんだけど」の伏線を回収しました。
ふたりにとって二度目の新月の夜でした。
-
次回は「言いたくない貴方と聞きたくない私」です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ