この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

野々花

お読みいただきありがとうございます。
マリーを罠にかけるように寝たフリをしたケントですが、マリーが筆談という手段を用いてまで頑なに声を聞かせてくれなかったので、ついやってしまったみたいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ