この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

13

龍門龍生

更新が遅くて、申し訳ございません。
ノベルだけでなく、作画の練習や研究を
しているため、遅くなりがちです。
 
それでも、この作品を
楽しみに待っていただけると、
幸いです。
 
龍門龍生です。
 
今回、練習のシーンはすっ飛ばしました。
同じ説明を繰り返すことになってしまうと
考えたためです……。
  
ちなみに、同じような内容を説明をするのは、
一度、説明したことをくわしく解説する時や、
重要なシーンでの補足のみ。
 
そんな感じを目指しております。
 
「あれ、同じような説明がある?」
と気付いたことがある方。
 
それは、私の意図的なものです。
 
大事なことなので、
その内容を覚えておいて下さい。
 
それでも、
テンポが悪いと感じたことがある方は、
本当にごめんなさい。
 
もう少し、工夫をしてみたいと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ