この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

久代田ミト

どうも、番外編をもう一つ書くかどうか悩みなうな久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
本当は今回でこのお話は完結とするつもりだったのですが、読み直している内にツノが夜々を見つけた時の話を書こうかなと思い始めました。
うん、そうですね。書きましょう。このままじゃあまりに後味が悪い。
というわけで、もう一話だけお付き合いください。
ではまた次回。

この作品が気に入ったら読者になろう!