この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

124

おかださく(新作長編公開)

岡田朔です。
楽器はどれも高いですよね。安いものでもいいとは決して言えないのが楽器です。楽器から出る音の深みが全然異なるんですよね。表現力の幅にも関係してくるので、大切な問題だったりします。
でも、楽器は使い込んでこそ。
もちろんある程度の価格以上のものを買っての話ではありますが、使いこんでいくうちに持ち主の癖が楽器に浸み込んでいくんです。だから、自分の感情に細かくそった演奏ができるのは、やっぱりマイ楽器だったりします。
ピアノだけではなく管でも同じなので、きっと弦楽器なんかも同じなんだと思います。
でもジャズの場合は古い楽器を探すのも面白かったりします。今の楽器には出ない音が出せたりするからなんです。自分だけの音を探していく。音楽は奥が深いです。
さて、予告どおりまだまだ吹き出しだらけが続きます。これはこれで読みづらいかもしれませんが……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ