この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

131

おかださく更新しました

岡田朔です。
二人の初デートになるんでしょうか。
ハモンド・オルガン奏者ジミー・スミスの『The cat』は、ラロシフリンというスパイ大作戦のテーマなどを手掛けていた作曲・アレンジャーによるもので、ジャズとしては初のビルボードのポップチャート入りした珍しいアルバムです。つまり一般受けしたということですね。
ジャズが儲からないのは昔も今も変わらないようで(笑)
タイトル曲でもある「the cat」はクインシージョーンズが手掛けたソウル・ボサノヴァなんかが好きな人は、気に入るのではないかなと思います。
どちらもビッグバンドが後ろについているので、とにかく派手です。ソウルボサノヴァは映画オースティンパワーズで使われたことで、比較的聴いたことがある人が多いのではないかなと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ