この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

119

おかださく(新作長編公開)

岡田朔です。
楽器をやっていると、時々浮気ごころがでます。
他の楽器に触ってみたくなるんです。
でも、主とする楽器ほど演奏できるようになるには、相当な努力をしないといけないので、大体挫折するんですが。
ジャズではサックス奏者がしばしばフルートやソプラノサックス、クラリネットなんかを持ち替えと言って演奏することがあります。
トランペッターは、フリューゲルホルンを吹くことがあります。
そういった場合に備えるという理由をつけて、他の楽器をやりたいだけだったりもします。
ジャズフルートはクラシックのフルートとは全く違い、美しさとは無縁です。
ローランドカークなんかのフルートを聴くと、クラシックのフルート奏者は眉をひそめるレベルです。
バイオリンもそうですが、枯れた音をジャズでは好まれるからかなと思いますが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ