この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

90

おかださく(新作長編公開)

岡田朔です。
蝶の舞う秋の日にをお読み頂きありがとうございます。まだ時期がちょっと早いですが、パリの秋を感じていただけたらなと思っています。
エリックルグランの憂鬱は春ごろ、蝶舞は秋のパリをイメージしています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ