この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

123

おかださく

おかださくです。
ここで花名が思い出しているシーンに心当たりがないなあと思われた方は、「32-6 雨の日に靴を靴を投げる理由について」を読み直して頂ければと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?