この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

桂香

こんにちは、桂香です。
お話は過去に飛んで、バルディ君が記憶が無くなってるところから。
どうして彼が冒険に出ることとなったのか、までをゆっくりのんびり進行させるつもりです。
……せっかくのアイコンと吹き出し形式、早く絵を入れられたらいいのですが……焦れば焦るほど、描けなくなるのは、もうお約束ですね……。
それでは、読んでくださってありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ