この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

heim

かなり最初の方の話で「消えた」のが彼女、「増えた」のがこいつです。
白髪赤目は「その世界における神殺しの咎の証」。
まぁこの辺は全く違う話になるんで、仮初においてこれ以上はあまり語られません。呼んだ名前は、この世界におけるこいつの「戸籍上のフルネーム」で、まぁそのまんまです。つけたのはここで呼んだ本人で理由は「面白いじゃん?」です。(同じ相坂にする提案は「つまらない」とその際に蹴られてます)
なお実はこの連作内登場人物の中で、実は「最も最初に唐杉と知り合ったのはアリア」。場所はコンビニ。
これも語られる予定はないです(てか実はその話を紛失しました。出すとすると完全書き直し)
途中にある一人称の変化はミスではなく、そういう設定。
__
閲覧ありがとうございます。正直、電子記録が間に合いそうにない! ついでにゾルさんが暴走!
とりあえず災害にはお気をつけを! ここは来月でも読めますからね!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ