この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

heim

まぁ、明らかに「あの時点」で間違っちゃったんだと思われます。
実はこの部署、新卒採用した実績が皆無です。全員ほぼ引き抜かれて即戦力で来てます。入る前に研修的なものをうけてるのは唐杉以来2人目、新卒採用は彼が初めてです。表向き存在すらしてないので募集もしてません。
多分彼は今後、中の個性派に揉まれまくります。
__
さてやっと電子記録が終わりました。そしてここに繋がりました。
K−Kの存在自体が作中においての重要なターニングポイントではあるので、まぁ電子記録も必要だった、と思う。思いたい。とりあえずこれで少し負担は減ったので、また作成に戻れます。実はちょっと止まってました。
閲覧ありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ