この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

heim

彼は「親」とは言ってますが「どちらの親か」は言ってません。
そこに気づいてないのは、疎いと言うよりも彼女にとって親というのが父親しかなく、もう片方がいなければ生まれない事実自体は認識してても、存在としての実感が薄すぎたせいで、浮かばなかった、というのが正しいです。
ここにキラがいれば即気づいたでしょうが、多分彼女は沈黙を選ぶのです。
__
閲覧ありがとうございます。
そんで、実験第一弾上がったーっ! まぁあそこまでなら、まだ、うん。問題はこの後の2段階ですよね。もう完全にアレに突入しますからね。にしても、天使の方、アレな内容の方が支持されてるって本当どういう事なのか。皆揃って「もっとアレなやつ」を要求してんですか。
((((;゚Д゚))))いや一応ここにも表現限界ってものが。そして恥ずかし過ぎて自分は埋まりたいっ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ