この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

未羊

コメントありがとうございます。
『魅せる』文章という事を片隅で考えているので、擬音の表現には拘りを持っています。場面を目で分かるようにする『動的な文章』の試みです。
本当はAA(アスキーアート)も使えればいいのですが、環境によりレイアウトが大きく崩れて使いづらそうですし、ノベル・小説では使用自体を避ける方が無難です。(『地下から地上へ』にて簡単なAAを使用しています)
アスキーアート(ASCII art)
文字を使って描かれた絵の事。顔文字もこのアスキーアートの一種である。表示媒体の環境への依存度が大きく、意図した通りに表示されない事もある。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ