この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

とち

読んで下さりありがとうございます。場面変化が激しくて申し訳ありません。私は、すぐ過去のお話を入れてしまいたくなってしまうんです。いつも、どうすれば分かりやすくなるか、要らないエピソードを入れていないか、一生懸命考えています。実はこの回も入れるかどうか迷ったのですが、ヨームとトグサの関係や、ヨームとルークの関係を描くのに必要かなと思い、入れさせていただきました。流れを壊してしまっていたら、すみません。
ただ、ヨームの温かさを分かっていただけたらなと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ