この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

鏡花

というわけで、いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございます。
そんな感じで、ルーンのワルキューレ『第十七話 繰り返される悲劇』をお送りしました。
このあたりになると、結論がすでに決まっているので安易に修正ができない一方で、昔の自分と今の自分の考え方の違いにともなって、あちこち書き加えたり、逆に消したり、まったく別の内容に書き換えてしまいたくなったり、様々な誘惑が起きて思わぬ苦労をしていたりします。
とはいえ、この物語の根っこにある「核」の部分は、やはり今もあのときも何も変わっちゃいないんだな、と妙に安堵していたりもする次第です。
結末まで、あと少し、どうか最後までおつきあい頂けると幸いです。
それではまた、次回、第十八話「彼と彼女の選択」のコメントでお会いできることを祈って

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ