この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

鏡花

 というわけで、いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございます。
 そんな感じで、第五話『円卓の戦乙女』をお送りしました。
 みんなでわいわい(わいわい?)会話をしているシーンは書いていて楽しいですね。
 やはり全ての小説は人間ドラマだと思うのです。
 そして、こう言った言葉のやりとりにこそ、物語の神髄が隠されていると思うのです。
 さて、それでは今週もだいたいそんな感じで。
 ていうか、先々週から、物語が全然進んでませんね。
 でも、驚かないでください。すでに文庫本で60ページ以上の物語が進んでいるのです。一冊240ページだとすると、すでに4分の1が終わってます。まだ主人公とヒロインがろくに喋ってません。どんだけテンポ悪いねん。来週はちゃんと話が進むといいな♪(願望)
 そんなわけで、また次回『呪いの指環(アンドヴァラナウト)』のコメントでお会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ