この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

114

siva

続きを読んでいただき、ありがとうございます。
ちょっとだけ、過去が見えましたね。
少し、響と周平がバチバチしてましたww
若干の嫉妬を周平は、響にしております。
もう少し、続きます♪

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ