この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

122

siva

いろんな方に読んでいただき、幸せでございます。
さて、いよいよお部屋に上がりましたね。
晴哉は、ホントに鈍感でございます。
周平は、響をライバル視し始めましたね。
次回をお楽しみに♪

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ