この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

ЯГБ伊音

・今回の話は、関ケ原の戦いにプロテスタント原理主義(福音派)が徳川の背後についている話です。
・それと関連する事だが、会津の国道49号線志田浜交差点では英語で信号機を表す表記があったが、東北太平洋側とアメリカとの関係は調べる程、怪しさを感じる自分がいます。
・と同時に会津の白虎隊もアメリカの傭兵疑惑がどこかあると感じる自分がいます。
・徳川幕府がアメリカや英国などのプロテスタント諸国と繋がっており、東北弁は英語やフランス語と親和性が強い。
・だからアメリカ寄りの徳川を擁護した訳でそんな風に歴史を調べてみると良いです。
・今回の『パールス君とスプートニクさん』では、パリ協定について。
・パリ協定はCO2削減が原発推進と被るのは、原発はCO2を殆ど出さないから。
・更に米中揃って批准しているから注意が必要だと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ