この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

ЯГБ伊音

・『アルマダの海戦』でついに大英帝国及びアメリカは落城した…と思っている博樹。
・今後、英米に何かしらの変化があるのは確かだが、マドロワやクロメがジョージやЦРУを嫌う理由は親の人生を踏みにじった事が原因なのは確かです。
・実際に、元ネタになっているアメリカの某諜報機関は実際に同じような事をやっています。
・果たして彼らの運命は…。
・そして新年一発の『パールス君とスプートニクさん』で2017年の世界情勢の予測を書いていこうと思います。
1.オランダとフランスで仏国民戦線及びオランダ自由党が躍進、ドイツはメルケルが惨敗する。
2.小沢一郎も躍進して日本政治も大きく変わる。
3.上記の2つに加えてトランプ、プーチン、習近平が何かしら動く。
いずれせよ、旧来の秩序は崩壊していき、ユーロ自体が崩壊すると思います。
皆さんも予測を立ててみてはどうですか?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ