この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ЯГБ伊音

К.ロシア帝政
Г.今年で100年目。
Б.これから説明するよ。
どうも、ЯГБ伊音です。
今回から始まった『ロシア帝政』ではロシアの歴史修正が中心になると思います。
これまでと異なり、長い歴史修正になると思います。
ロシアでは革命が何度も起きており、更に反米感情などがどうして生み出されたのか。
第二次世界大戦の影響が何を生んだのか気になります。
次回も『ロシア帝政』の2回目でいよいよ、100年前のロシアに突入していくと思います。
そして『パールス君とスプートニクさん』では反米諸国の国際機関の失望について…。
国際機関が崩壊した理由は潘●文やブッ●ュ等が落とした可能性がささやかれているが、欧州の行動にも関係があると感じます。
国際機関などを信用するより自分で考えて行動した方が良いと感じた時です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ