この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ЯГБ伊音

Я.英国が本格的EU離脱。
Г.それにつられてフランスではル・ペン先生の躍進。
Б.そしてEU崩壊。
欧州連合が崩壊が近くなっていると感じるЯГБ伊音です。
今回からようやくロシア帝政の歴史に突入して行きます。
この話ではロシア語の言葉が多く出てきますが、英米仏の事も悪行についても今後の話に出てくる予定です。
ロシア帝政編では長い物語になると思いますが、これから話を続けていきます。
そしてこれからロシアの歴史や今の世界情勢についても書いていこうと思います。
それは今回の『パールス君とスプートニクさん』では英国のEU離脱について語りましょう。
英国がEU離脱したのはこの話でも書かれた通り自国の主権であり、離脱しても損するのはEU側になるのは自明の事。
寧ろ、離脱が強硬になれば成程、EUが不利になりフランス等でも新右翼政党が躍進すると思います。
それでは次回もよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ