この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ЯГБ伊音

Я.韓国の分在寅やチェチェンでのゲイを批判する人を批判は。
Г.何やら陰で同性愛的な価値観を押し付ける…。
Б.これはある種の言葉狩り…。
ЯГБ伊音です。
プレハーノフと博樹の話は続いており、遂に英米仏の支配勢力とソ連の変える決意を持った博樹は彼らの実態も暴き始めます。
そして自前の武器製造が必要なのは景気回復だけでなく武器を充実した国の方がリーマン・ショックの影響が少なかった影響があるとされているので成程、と思いました。
そして今回の『パールス君とスプートニクさん』はゲイを批判する人に対する言葉狩りの件です。
フランス大統領選が近づいてきた最中、ゲイを批判する人をメディアが、非難する姿勢が非常に目立ちます。
韓国大統領候補の文在寅、チェチェン事件等、あからさまにゲイを批判する人を批判しているのは裏で何かあると私は思います。
ある意味、その兆候に注意した方が良いと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ