この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

海音なゆた

少女の友人は、朝が弱い様子です。
「ブックカバー」の時に出てきた友達目線でのお話です。髪が短い少女は、親友。帽子をかぶった少女は、いつもの少女です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ