この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

heim

擬似記録側はずっと時系列順に並んでますよ。そして現状まだ電子記録の時間軸には追いついてない、です。
つまりそういう事。そのせいで過去話の複数が入れられないんですけど。
そしてさりげに機密事項を知り過ぎてる弟(自覚なし)と、当然に知ってる山辺(自覚あり)。本来は、3つもスーパーコンピューターがある事自体が完全非公表。ここでさらっと話しちゃってるのは、相手が信介だからです。基本彼ら大人組は信介の質問には、兄同様ほぼ素直に回答する癖がついてます。
なおアキマサに関しては「後からいくらでも手が打てるから知られても構わない」。
__
閲覧ありがとうございます。
どうにか9月内に次を考えたい訳ですが、さて上手くいくのやら。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ