この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

heim

説明書召喚可能! しかし読んだの1名!
でも実際でも説明書を読む人ってそんなもんだと思うんですよ。難しいなら尚更。
そしてここにで説明されてしまう、ほぼほぼ、やっくんの正体。
てか電脳世界もので説明書が出てこない作品が多すぎだと思うんですが、説明省いてるんですかね?
___
拙作閲覧ありがとうございます。これが初めての方もそうでない方も、書き手はこんなやつです。しばしお付き合いを!(やっとBESTついたので、多分この話でいきなり自分と遭遇しちゃう方もいらっしゃるかと)
これは「仮初世界の疑似記録」(短編集)と絡んでますが、そっちを読むかはご自由に。ここの登場人物は全員出ますが。そっちの進行の都合でこっちを出したので、まだしばらく更新頻度が高め(1日2〜3本)が続きます。申し訳ない!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ