この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

heim

さて混乱の広がりつつある内部です。徐々に、です。普通本当に突然の事には、すぐ頭が追いつかず、そしていきなり叫んだり、もできない事が多いです。誰から一気に恐慌状態、にならない限りは、混乱は少しずつ、しか広まらないという。
丁度彼のいる町、はそんな場所でした。本人は気づいてませんが、彼が行ってる町には、結構上級な人しか集まれてないので、簡単に恐慌する前に「何があったのか」が疑問に思われてます。
この場合の反応は、場所によって異なってます。
__
拙作閲覧ありがとうございます。いきなり主役交代。
自分の話は大抵読者様の読解力が問われてます。無い方にはまず読めない! 不親切極まりない!! だが書き手はこっちの方が書きやすいのである! ので、ついてきてくれている方々には本当に感謝しておりますです!
まだしばらく続きます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ