この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

ぷしゅう

ここまで読んでくださりありがとうございます
ユウキ君がデンさんに話してる間、セン君はデンさんがころころ変わる表情を見て楽しんでいるのであった
次もぜひ呼んでくださるとうれしいです

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ