この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

235

夢風月

『その恋に白い花を届けよう』お読み頂き、ありがとうございます。
閲覧数、50000を越えました!ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
千尋の手を握っていたのは、お父さんでした!
次回は、この物語の鍵となるところが、ほんのちょーっと出てまいります!
お楽しみに…!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ