BEST ぼくは壁に耳を押し当てて隣の部屋の様子を窺っている

ときの

♡ 10

第1話から読む

【短編】ここは小さな物語が息抜きをする場所。
人の暮らしも目的も自由だけど、ルールにだけは敏感に。