この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

62

heim

狂気の薬剤師は乙女の(一方的)味方。後、好みの美形の味方。
さて一つだけ上がってた「饒舌になる薬」。持ち帰って飲むのは次回になります。
__
閲覧・オススメ・お気に入り・コメントありがとうございます! 皆様のゾルさんが想像以上に良い子なのでびっくりです。複数考えてた自分が酷い奴っぽいですね! なお自分が考えてたのは主に「夢に入る薬」(毎日気になる)「感覚を一方的に共有する薬」(あの時気になる)等です。独占欲満載ゾルさんの本領。自分が飲む分には抵抗があまり無いんですよ。
そして予想外の饒舌! 面白そうなので行きましょう。でもこれ、性的に見ると普段以上に執拗で詳細な褒め殺し言葉攻めする未来しか見えませんが。きっと純粋な意味のやつですよね!? です、よね? え、まさか……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ