この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

78

heim

やくそくの時点で逃げ場なんてなかった(詐欺師王様ゾル)。
__
閲覧・オススメ・お気に入り・コメントありがとうございます!
セーフだよね!? キスしかしてないよセーフだよね? と思いつつ出す。なお本編との最大の違いは「息をしてる」ってことです。天使悪魔は構造が人体と同じってだけで呼吸は必須じゃないので、普段息してない。王様と軍団長の会話の意味はこの後の話で説明される感じです。
まぁ章のタイトルの時点で追いつくことは確定されてたようなもんなんで、むしろ来るの遅い、とすら思われてそうですが、そこは普段の王様の寝起きの悪さ他理由があります。あっさり目の前に来れるのも。
残り2章ですが、1話が長い話が多いです。あと少しお付き合いよろしくお願いします。これ終わったら……どうしましょうかね。他の話もご興味あればどうぞ! ミステリーやSFと名乗ってる「賢者は〜」「仮初」すらファンタジーだよ、ご安心を!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ