この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

最中たうん

こんばんは(作中の時間的に)!最中たうんです。
この話を書いているとき(というかいつも)深夜1時過ぎると部屋の軋み音が強くなって怖いです。
引っ越すのも面倒だし金額的になぁー、と先延ばしにしています。
*収録ウラ話
時雨「幽霊?そんなの怖くないぜ!」
関「じゃあここで一つ怪談でも……」
時雨「おいおい、そんな無駄話してていいのかよ?」
関「それもそうだね。じゃあまたね」パタン
時雨「おう」
狐九「あの、汗すごいですけど大丈夫ですか?」
時雨「ふぉッ!? びっくりさせんな!!」汗

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ