この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

最中たうん

こんにちは、最中たうんです。
さてストックストック!頑張ります!
*収録ウラ話
玄霆「僕ってさぁ、肩こり知らずなんだよねぇ」
時雨「あ、そうなんスね(うわもうこのコーナー入って来た!)」
玄霆「その秘密は――コレ!」バチバチ
時雨「ぎゃあ! こんなところで雷――ってあれ、なんかジワジワしてて気持ちイイな」
玄霆「僕ほどの使い手ならマッサージもお手のものさ!」
時雨「おう、素直にうらやましい!!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ