この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

最中たうん

さて、ふふ。この二人をどうしてくれようか。
……こんにちは、最中たうんです。
こういう展開は(第三者的な視点で)大好物です。ふふ。
*収録ウラ話
時雨「お前さ、その名前完全に当て字だよな」
狐九「入力も一時ずつ、完全手作業です」
時雨「作者泣いてんぜ」
狐九「ですがその分、作者の愛も貴方よりは多く貰っています」
時雨「ん……おう、なんか言い返し辛いな別に悔しくねぇけど。ううん」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ