この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

最中たうん

こんにちは、最中たうんです。
一気読みの方はともかく、日々少しずつ読んでいくと話や設定を忘れてしまうこともありますよね。
ということで、くどくない程度に振り返りや説明を入れていこうと思います。
記憶から消えないくらい楽しんでいただけると嬉しいですが(^^)
*収録ウラ話
時雨「実際にさ、蛇の胸ってどこからどこまでなんだ?」
村雨「そら、肺のあたりやろ」
時雨「だからどのへん!?」
村雨「大体こっからこーいってキュッとした所辺りまでや!」
時雨(……全くわかんねぇ!!)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ